一般廃棄物など正しく処理~正しく捨てて地球環境キープしよう!~

ワーカー

増える廃棄物

工事現場

私達の身の回りには、様々な製品や製造物が多くあります。えんぴつやクリップのような小さなものから、家やマンションや高層ビルなどの大きな建築物まで、人工的に作られたり加工されたものがたくさんあります。これらはやがて、不要になったり老朽化などで捨てたり壊したりします。その時に出てくるのが、たくさんのゴミいわゆる廃棄物です。主に、一般廃棄物や混合廃棄物とも呼ばれ、壊す時に木材やコンクリートやセメントなどたくさんの廃材が一緒になって混ざり合ってしまっています。これらは、全く違う素材通しなため、普通に処理することが不可能です。処理する場合は、素材別に仕分ける必要が出てくるのです。建設現場などでは、取り壊されたビルや家の解体を行っていますが、コンクリートはコンクリート、木材は木材と種類別には取り壊しません。一気に取り壊してから混合廃棄物を産廃選別して、処理工場に持って行ってリサイクル出来る物はリサイクルに、再利用出来る物は再利用にと仕分けされます。これは、現行の法律で混合廃棄物を産廃選別をしないといけない事になっているからです。混合廃棄物や産廃選別は一般的には、処理の専門業者が行ってくれます。しかし、処理には料金は発生しますし、処理の専門業者が不法投棄をなど触法に触れる行為をすれば、廃棄物を出した方にも責任が発生する為に、一般廃棄物や混合廃棄物の処理はかなり重大です。これから、高度成長期に作られた建造物が耐久年数を超えて来ようとしてきます。取り壊しや建て替えなどで出てくる混合廃棄物の処理は、大きな問題になっていくでしょう。

リサイクルの現状

ワーカー

ビルなどの構造物から出る建設混合廃棄物のリサイクルは出来ていますが、住居関連のリサイクルの進捗が遅れているのが現実です。また、建設混合廃棄物は、不法投棄が多い廃棄物でもあります。なるべく、産廃選別などを心掛けましょう。

View Detail

不可欠なもの

男性

リサイクル可能なものや、選別出来ない一般廃棄物と一緒に処理が出来ない物が混ざっている場合は、業者で分けられます。業者は法律で定められている処理の流れに沿って処理をおこなってます。それによって、不法投棄も防いでいるのです。

View Detail

廃棄物の処理方法

女の人

事業が出す廃棄物は、産業廃棄物と事業系一般廃棄物の2種類に分けられます。事業系一般廃棄物の場合、ゴミの種類としては一般家庭で出るゴミに近いものがほとんどです。さいたま市で廃棄物を出す場合、業者に任せる方が効率的です。

View Detail